ペルー・ボリビアをはじめ、マダガスカル、南部アフリカ
ケニア、ヨルダン、ガラパゴス諸島、イースター島など
秘境や特殊地域の個人旅行を専門に取り扱うクオリアス

会社案内ご利用ガイド旅行業約款・旅行条件書等サイトマップ営業時間月曜〜金曜AM10:00〜PM19:00、土曜日AM10:00〜PM14:00、日・祝・祭はお休み、電話番号03-5325-4525

店長おすすめ
”日本語の専任ガイド”による完全プライベートサファリ=
カタール航空利用 特選ケニア4大サファリを満喫 9・10日間
(ナイバシャ湖・サンブル・ナクル湖・マサイマラ)
KENYA015-QR

Previous
  • ヌーの大群
  • シロサイ
  • 夕焼け
  • シロサイ
  • ライオン
  • ヌーを追うライオン
  • シマウマ
  • キリン
  • ライオン
  • アフリカゾウ
  • ライオン
  • ライオンの親子
  • アフリカゾウの親子
  • カバの群れ/マサイマラ国立保護区
Next

ツアーポイント

  • ビッグファイブ観察のチャンスがある「サンブル・ナクル湖・マサイマラ」の人気の3大国立公園(保護区)をじっくりプライベートサファリでお楽しみいただくコースです。 特に、マサイマラでは「出ずっぱりサファリ」を行い、マラ川ほとりでカバを見ながらランチを取ります。またサンブルでは「サンブルのビッグファイブ」と呼ばれる珍しい動物にもお目にかかれるチャンスがあります。
  • ケニア滞在中は全行程「日本語の専任ガイド(ドライバーとは別)」がご一緒しますので観たい動物、知りたい・聞きたい動物の知識など、言葉を気にせずに楽しくサファリが楽しめます。
  • サンブルとマサイマラではピクニックランチをご用意して、終日お楽しみいただける「出ずっぱりサファリ」を敢行します。ロッジに戻らず、眺めのいいポイントで「青空ランチ」もお楽しみです。
  • 旅の序盤は、ナイバシャ湖を訪問します。野鳥類やカバなど水辺の野生動物が観察できるボートサファリをお楽しみ頂いた後は、クレセントアイランド(三日月島)にてケニアでは珍しいウォーキングサファリをお楽しみ下さい。 次に訪れる北半球の代表的なサンブル国立保護区にはヒョウをはじめ、グレービーゼブラ、アミメキリン、オリックス、ゲレヌク、ソマリダチョウ(サンブルのビッグファイブと呼ばれている)など珍しい動物たちが生息しています。中盤は、赤道付近のソーダ湖周辺に開かれたナクル湖国立公園を訪問します。ここには約300種類の鳥類をはじめ、クロサイ・シロサイ・ロスチャイルドキリンが生息しており、運がよければヒョウも観察ができます。特にサイはここ以外でお目にかかれるチャンスは少ないので貴重です。終盤は、ケニア最大の動物保護区であるマサイマラ国立保護区です。ライオン、チーター、マサイキリン、カバ、バッファロー、シマウマなど肉食系から草食系まで、ケニアの代表的な野生動物の大半はこのマサイマラ国立保護区で観察できるチャンスがあります。
    「ビッグファイブ(Big Five)」とは、ライオン、ヒョウ、バッファロー、サイ、 ゾウを指します。もとはハンティングの世界で使われた言葉で、獲物の中の「5つの大物」という意味で使われた用語です。ゲームドライブで遭遇できる動物を獲物に見立ててそのような表現が使われるようになりました。因みにサンブルのビッグファイブはそれにちなんだ最近の言い回しです。
  • マサイマラではマサイ族の村訪問もお楽しみいただきます。
  • サファリカーは全行程、お客様だけの専用車(プライベートカー)を利用します。別のグループのお客様が混乗しませんので気兼ねなく、プライベートサファリが満喫できます。
  • 3名様以上でご参加いただく場合、「割引料金」の設定がございます。ご家族、お友だちを誘ってのご参加もおすすめです。詳しくはケニア担当よりご案内いたします。
  • ●エミレーツ航空(EK)利用の日程もございます。詳しくはこちらをクリック>>
  • ●大韓航空利用の日程もございます。詳しくはこちらをクリック>>
料金表はこちら
■スケジュール
1 ■成田発⇒/関空発⇒
夜:成田22:30
深夜:関空23:45
【機中泊】/食事:朝×昼×夕×
2 ■⇒<ドーハ乗継ぎ>⇒ナイロビ着⇒(車)ナイバシャ
早朝:ドーハ着後、乗り継いでナイロビへ
午後:ナイロビ12:45着後、現地ガイドがお出迎えし、そのままサファリカーにてナイバシャへ(1.5時間)
【ナイバシャ泊】/食事:朝×昼×夕○
3 ■ナイバシャ⇒(車)サンブル
朝:ロッジにて朝食
午前:ナイバシャ湖にてボートサファリ(約1時間)
ナイバシャ湖は、ナイロビから手軽に行けるバードウォッチングのポイントです。よく見られる鳥は、ハイガシラムシクイ、メグロハタオリ、オオセイオウチョウ、コウギョクチョウです。湖に住む魚を狙うカワウ、サンショクウミワシ、カワセミ、クロコサギなども観察できます。又、湖にはカバも生息しています。
その後、クレセントアイランド(三日月島)に上陸してガイドと一緒にウォーキング
ナイバシャ湖に浮かぶクレセントアイランドは、昔、火山の噴火口が水中に沈み、その噴火口外側の縁が現在の島となりました。現在は私有の動物保護区であり、ケニアでは珍しいウォーキングサファリができます。島内ではヌー、キリン、シマウマ、ウォーターバック、インパラ、ガゼルなどが観察できます。
その後、専用車にてサンブル国立保護区へ向かいます(所要時間:約7時間)
夕刻:サンブル国立保護区・ゲームドライブ(約2時間)
ヒョウをはじめ、グレービーゼブラ、アミメキリン、オリックス、ゲレヌク、ソマリダチョウ(サンブルのビッグファイブと呼ばれている)など珍しい動物たちを求めてプライベートサファリをお楽しみいただきます。
【サンブル泊】/食事:朝○昼○夕○
4 ■サンブル滞在
終日:サンブル国立保護区・ゲームドライブ
前日に引き続き、ヒョウをはじめ、グレービーゼブラ、アミメキリン、オリックス、ゲレヌク、ソマリダチョウ(サンブルのビッグファイブと呼ばれている)など珍しい動物たちを求めてプライベートサファリをお楽しみいただきます。なお、早朝のゲームドライブ(06:30頃-08:30頃まで)のあと、一度ロッジに戻って朝食を食べ、その後、ランチボックスを携帯して「出ずっぱりサファリ」を敢行します(10:00頃-16:30頃まで)。
昼食はゾウやワニが観察できる川辺の木陰にて(ピクニックランチをご用意)
【サンブル泊】/食事:朝○昼○夕○
5 ■サンブル⇒(車)<ナニュキ・赤道通過>⇒(車)ナクル
午前:朝食後、サファリカーにてナクル湖国立公園へ(約5時間)
途中、赤道直下の町・ナニュキを通過します。(赤道通過証明書発行)
昼:ナクル湖着後、ロッジにて昼食
夕刻:ナクル湖国立公園・ゲームドライブ(約2時間)
鳥類が豊富なナクル湖岸を中心に周回しながらプライベートサファリをお楽しみいただきます。
【ナクル地区泊】/食事:朝○昼○夕○
6 ■ナクル⇒(車)マサイマラ
朝:ナクル湖国立公園・ゲームドライブ(約2時間)
鳥類が豊富なナクル湖岸を中心に周回しながらプライベートサファリをお楽しみいただきます。
(朝食はボックスブレックファストをご用意します)
午前:ナクル湖を出発して、サファリカーにてマサイマラへ(約6時間)
昼:着後、ロッジにて昼食
夕刻:マサイマラ国立保護区・ゲームドライブ
マサイマラ国立保護区は、ケニア随一の野生動物の宝庫でアフリカゾウ、ライオン、バッファロー、マサイキリン、シマウマ、カバ、チーター、ヌー、トムソンガゼルなどが有名で、運がよければチーターやライオンのハンティングシーンなどに遭遇できるかもしれません。
【マサイマラ泊】/食事:朝○昼○夕○
7 ■マサイマラ滞在
終日:マサイマラ国立保護区・ゲームドライブ(★マサイ族の村訪問付き)
「マサイマラ国立保護区」を1日かけてじっくりとプライベートサファリをお楽しみいただきます。なお、早朝のゲームドライブ(06:30頃-08:30頃まで)のあと、一度ロッジに戻って朝食を召し上がっていただきます。朝食後に「マサイ族の村」を訪問します。その後、ランチボックスを携帯して「出ずっぱりサファリ」を敢行します(10:00頃-16:30頃まで)。
「マサイマラ国立保護区」はケニア随一の野生動物の宝庫でアフリカゾウ、ライオン、バッファロー、マサイキリン、シマウマ、カバ、チーター、ヌー、トムソンガゼルなどが有名で、運がよければチーターやライオンのハンティングシーンなどに遭遇できるかもしれません。

昼食はワニやカバが観察できる「マラ・リバー」にて(ピクニックランチをご用意)
【マサイマラ泊】/食事:朝○昼○夕○
8 ■マサイマラ滞在
終日:マサイマラ国立保護区・ゲームドライブ
前日に引き続き「マサイマラ国立保護区」を1日かけてじっくりとプライベートサファリをお楽しみいただきます。なお、早朝のゲームドライブ(06:30頃-08:30頃まで)のあと、一度ロッジに戻って朝食を食べ、その後、ランチボックスを携帯して「出ずっぱりサファリ」を敢行します(10:00頃-16:30頃まで)。
「マサイマラ国立保護区」はケニア随一の野生動物の宝庫でアフリカゾウ、ライオン、バッファロー、マサイキリン、シマウマ、カバ、チーター、ヌー、トムソンガゼルなどが有名で、運がよければチーターやライオンのハンティングシーンなどに遭遇できるかもしれません。

昼食はワニやカバが観察できる「マラ・リバー」にて(ピクニックランチをご用意)
【マサイマラ泊】/食事:朝○昼○夕○
9 ■マサイマラ⇒(車)ナイロビ発⇒ドーハ着
午前:朝食後、サファリカーにてナイロビへ(約5時間)
途中、グレートリフトバレー(大地溝帯)の眺めのよいポイントで休憩
昼:野生動物の肉料理で有名なカーニボア・レストランにて昼食(バーベキュー)
その後、空港へ。(途中、スーパーマーケットへご案内します)
夜:ナイロビ18:00発、空路にてドーハへ
夜:ドーハ着
【機中泊】/食事:朝○昼○夕×
10 ■ドーハ発⇒成田着/または関空着
深夜:ドーハ01:25発、夜:成田19:50
深夜:ドーハ01:25発、夜:関空17:10
日程表の見方
  • 9日間コースは【マサイマラ泊】が1日減泊となる日程です。
スケジュールはこちら
■ 料金表
2015年 出発日 旅行代金
<毎日発> カタール航空(QR)
成田発着 日本語ガイド【9日間】 日本語ガイド【10日間】
出発曜日 日月火水木土 日月火水木土
お問い合わせください。        
一人参加追加代金 4/1-5/30 ¥158,000 ¥158,000 ¥178,000 ¥178,000
5/31-6/29 ¥188,000 ¥188,000 ¥208,000 ¥208,000
6/30-10/31 ¥208,000 ¥208,000 ¥228,000 ¥228,000
一人部屋追加代金 4/1-5/30 ¥48,000 ¥48,000 ¥58,000 ¥58,000
5/31-6/29 ¥68,000 ¥68,000 ¥78,000 ¥78,000
6/30-10/31 ¥88,000 ¥88,000 ¥98,000 ¥98,000
★燃油サーチャージ
(6/01現在)
¥20,000
■ 料金表
2015年 出発日 旅行代金
<毎日発> カタール航空(QR)
関空発着 日本語ガイド【9日間】 日本語ガイド【10日間】
<毎日>発 毎日 毎日
お問い合わせください。      
一人参加追加代金 4/1-5/30 ¥158,000 ¥178,000
5/31-6/29 ¥188,000 ¥208,000
6/30-9/30 ¥208,000 ¥228,000
一人部屋追加代金 4/1-5/30 ¥48,000 ¥58,000
5/31-6/29 ¥68,000 ¥78,000
6/30-9/30 ¥88,000 ¥98,000
★燃油サーチャージ
(6/01現在)
¥20,000

■ 備考

  • 添乗員:同行しませんが、現地係員がお世話します。
  • 最少催行人員:1名
  • 一人参加ご希望の場合は一人参加追加代金を加算してください。(一人部屋追加代金は不要です)
  • 食事:●9日間/朝食6回、昼食6回、夕食6回、●10日間/朝食7回、昼食7回、夕食7回
  • 利用予定航空会社:カタール航空
  • 利用予定ホテル:下記又は同等クラス利用
    ナイバシャ
    ナイバシャソパ、ナイバシャシンバ、レイクナイバシャサウェラ(デラックス)
    サンブル
    サンブルシンバ、サンブルソパ
    ナクル地区
    サロバライオンヒル、レイクナクル 、フラミンゴヒルテンテッドキャンプ、サンバード
    マサイマラ
    マラシンバロッジ、マラレジャーキャンプ、マラソパロッジ

    ※他のロッジご指定の場合は、別途お見積りにて承ります。
  • ケニアは入国に際して査証が必要です。査証取得に関する詳細はお問合せください。
  • ガイドについて: ドライバーとは別に全行程「日本語ガイド」がご一緒します。
  • 車輛(サファリカー)について:ワンボックス・タイプの専用車をご利用いただきます。
  • ゲームドライブの時間は目安としてください。諸事情により時間調整が入ることもございますので予めご了承ください。
  • 3名様でご参加の場合は、現地事情によりトリプル・ルーム(3名1室利用)のご利用ができない場合がございます。その場合は、「1ツイン+1シングル」でのお申込みとなり、一人部屋追加代金が1名様のみ別途必要となりますので予めご了承ください。
  • 乗り継ぎ地での搭乗手続きは、お客様自身で行っていただきます。
  • フライトの時刻や所要時間などは予告なしに変更となる場合がありますので予めご了承ください。
  • 空港税、現地ガイドへのチップ等は旅行代金に含まれておりません。詳しくは弊社担当者よりご説明します。
  • ガイドへのチップについて
    プライベートサファリ(専用車利用)については、ガイドならびにドライバーに対して「1日あたり20米ドル」を目安に最終日にまとめて手渡しでご用意お願いします。
  • カタール航空(QR)ご利用の場合>
    減延泊して日本到着が下記の場合は以下の追加代金が別途かかります。
    @5/04、8/16・17の場合:\20,000
    A5/05・06の場合:\30,000
  • 《黄熱病予防接種について》
    本コースは、通関上「黄熱病予防接種」は義務付けられておりませんが、
    訪問地が予防接種推奨地域に指定されています。
    (2014年8月現在)
    ◎詳しくは厚生労働省検疫所ホームページをご参照下さい。(こちらをクリック)

トップへ戻る