ペルー・ボリビアをはじめ、マダガスカル、南部アフリカ
ケニア、ヨルダン、ガラパゴス諸島、イースター島など
秘境や特殊地域の個人旅行を専門に取り扱うクオリアス

会社案内ご利用ガイド旅行業約款・旅行条件書等サイトマップ営業時間月曜〜金曜AM10:00〜PM19:00、土曜日AM10:00〜PM14:00、日・祝・祭はお休み、電話番号03-5325-4525

”日本語の専任ガイド”による完全プライベートサファリ=
=1万5千年前の氷河期から残る原生林を訪れる=
特選ケニア・原生林と3大サファリを満喫 9日間
(ナイバシャ湖・ナクル湖・カカメガ・ケリチョー・マサイマラ)
KENYA048-QR
カタール航空利用

Previous
  • ヌーの大群
  • シロサイ
  • 夕焼け
  • シロサイ
  • ライオン
  • ヌーを追うライオン
  • シマウマ
  • キリン
  • ライオン
  • アフリカゾウ
  • ライオン
  • ライオンの親子
  • アフリカゾウの親子
  • カバの群れ/マサイマラ国立保護区
Next

ツアーポイント

  • カバと野鳥の宝庫である「ナイバシャ湖」、鳥類とクロサイ、シロサイ、ロスチャイルドキリンで有名な「ナクル湖国立公園」、300種以上の野鳥や400種以上の蝶、絶滅寸前のデブラザ・モンキーが住む「カカメガの森とキセレ森林保護区」、紅茶産業の中心地「ケリチョー」、そして、野生動物の種類と数が最も豊富な「マサイマラ国立保護区」を訪問する3大サファリ紀行です(ナイバシャ1泊、カカメガ2泊、ケリチョー1泊、マサイマラ2泊)。
  • ケニア滞在中は全行程「日本語の専任ガイド(ドライバーとは別)」がご一緒しますので観たい動物、知りたい・聞きたい動物の知識など、言葉を気にせずに楽しくサファリが楽しめます。
  • ナイバシャ湖では、ボートサファリをお楽しみ下さい。湖周辺は350種以上の野鳥の生息地でバードウォッチングが楽しめます。沢山のカバも生息しています。ナクル湖国立公園ではフラミンゴなど約300種類の鳥類をはじめ、クロサイ・シロサイ・ロスチャイルドキリンが生息しており、運がよければヒョウも観察できます。カカメガの森は、かつて大陸に及んだ「ギニオ・コンゴリアン熱帯雨林」の最後の残りと言われることから希少価値の高い動植物が多く、絶滅寸前のデブラザ・モンキー(隣接のキセレ森林保護区に生息)やポットーなどの霊長類、珍しい野鳥や蝶を観察できるチャンスがあります。徒歩で散策しながら巨木を育む豊かな森を満喫して下さい。世界的に有名な紅茶の名産地ケリチョーでは茶摘みを見学します。ケニア最大の動物保護区であるマサイマラ国立保護区では、ライオン、チーター、ゾウ、マサイキリン、カバ、バッファロー、シマウマなど、肉食系から草食系まで代表的な野生動物の大半を観察できるチャンスがあります。
  • サファリカーは全行程、お客様だけの専用車(プライベートカー)を利用します。別のグループのお客様が混乗しませんので、気兼ねなくプライベートサファリが満喫できます。
  • 7日目のマサイマラでは、ランチボックスを持って「出ずっぱりサファリ」を敢行します。昼食はワニやカバが観察できるマラ川そばのヒッポプールにて。ピクニック感覚でサファリが楽しめます。
  • 3名様以上でご参加いただく場合、「割引料金」の設定がございます。ご家族、お友だちを誘ってのご参加もおすすめです。詳しくはケニア担当よりご案内いたします。
  • 4−5月は雨季のためキセレ森林保護区でのウォーキングが行えません。
    本コースは6月〜3月の適用とさせて頂きます。
  • ●エミレーツ航空利用の日程もございます。詳しくはこちらをクリック>>
料金表はこちら
■スケジュール
1 ■成田発⇒
夜:成田22:30
【機中泊】/食事:朝×昼×夕×
2 ■⇒<ドーハ乗継ぎ>⇒ナイロビ着⇒(車)ナイバシャ
早朝:ドーハ着後、乗り継いでナイロビへ
午後:ナイロビ着後、現地ガイドがお出迎えし、サファリカーにてナイバシャ
(※なお、お出迎えの際は日本語アシスタントからご旅行日程に関しての説明を行います
【ナイバシャ泊】/食事:朝×昼×夕○
3 ■ナイバシャ⇒(車)ナクル⇒(車)カカメガ
朝:朝食後、ナイバシャ湖・ボートサファリ(約1時間程度)
ナイバシャ湖は、ナイロビから手軽に行けるバードウォッチングのポイントです。よく見られる鳥は、ハイガシラムシクイ、メグロハタオリ、オオセイオウチョウ、コウギョクチョウです。湖に住む魚を狙うカワウ、サンショクウミワシ、カワセミ、クロコサギなども観察できます。又、湖にはカバも生息しています。
その後、サファリカーにてナクル湖国立公園へ
午前:ナクル湖国立公園・ゲームドライブ
昼食は眺めのよいポイント「バブーン・クリフ」(展望台)にて(ランチボックスをご用意)
午後:サファリカーにてカカメガ
【カカメガ泊】/食事:朝○昼○夕○
4 ■カカメガ滞在
早朝:朝食後、サファリカーにて、キセレ森林保護区
朝:キセレ森林保護区を地元のガイドと一緒にウォーキング
デブラザ・モンキーは川付近に生息するため、保護区と私有地の間を流れる川沿いを散策します(2時間ほど)
終日:フリータイム
※オプショナルツアー/バード・ウォッチング、フォレスト・ウォーク
カカメガの森は低地と高地から成る事から動植物相のバラエティに富んでいます。希少価値の高い動植物としては、背が高く幹が太い巨木群、60種のラン科植物(9種はカカメガの森のみで生育)、367種の野鳥(36種はカカメガの森周辺のみで生息)、大変珍しい蝶{学名:Cymothoe Hobarti、Salamis Parhassus(和名:シンジュタテハ)、Papilio Bromius、Hypolimnas monterionis}などです。
【カカメガ泊】/食事:朝○昼○夕○
5 ■カカメガ⇒(車)ケリチョー
朝:朝食後、サファリカーにてケリチョー
昼:ホテルにて昼食
午後:お茶の名産地、ケリチョーのティファーム(紅茶農園)を見学します
ケニアは年間およそ35万トンを生産する世界第3位の一大生産国であり、輸出量は世界第1位です。一芯二葉(茎の一番先端の芽の部分とすぐ下の2枚の若葉を摘みとる方法)と呼ばれる贅沢な摘み方(手摘み)である上に、標高1600〜2000m以上の高地栽培で重大な病害虫が少ない事から無農薬で栽培されています。
※オプショナルツアー/紅茶工場の見学
【ケリチョー泊】/食事:朝○昼○夕○
6 ■ケリチョー⇒(車)マサイマラ
朝:朝食後、サファリカーにてマサイマラへ
昼:ロッジにて昼食
午後:フリータイム
夕刻:マサイマラ国立保護区・ゲームドライブ
野生動物の種類と数がケニアで最も豊富な「マサイマラ国立保護区」をプライベートサファリでお楽しみ頂きます
【マサイマラ泊】/食事:朝○昼○夕○
7 ■マサイマラ滞在
終日:マサイマラ国立保護区・ゲームドライブ
早朝のゲームドライブ(06:30頃−08:30頃まで)のあと一度ロッジに戻って朝食を食べ、その後、ランチボックスを携帯して「出ずっぱりサファリ」を敢行します(10:00頃−16:30頃まで)。「マサイマラ国立保護区」はケニア随一の野生動物の宝庫でアフリカゾウ、ライオン、バッファロー、マサイキリン、シマウマ、カバ、チーター、ヌー、トムソンガゼルなどが有名で、運がよければチーターやライオンのハンティングシーンなどに遭遇できるかもしれません。
昼食はワニやカバが観察できる「マラ・リバー」にて(ランチボックスをご用意)
【マサイマラ泊】/食事:朝○昼○夕○
8 ■マサイマラ⇒(車)ナイロビ発⇒ドーハ着
午前:朝食後、サファリカーにてナイロビへ
途中、グレートリフトバレー(大地溝帯)の眺めのよいポイントで休憩
昼:野生動物の肉料理で有名なカーニボア・レストランにて昼食(バーベキュー)
その後、空港へ。(途中、スーパーマーケットへご案内します)
夜:ナイロビ18:00発、空路にてドーハへ
夜:ドーハ着
【機中泊】/食事:朝○昼○夕×  
9 ■ドーハ発⇒成田着
深夜:ドーハ01:25発、夜:成田19:50
日程表の見方
スケジュールはこちら
■ 料金表
2016年 出発日 旅行代金
成田発着 カタール航空(QR)
<毎日>発 日本語ガイド
出発曜日 日月火水木・土
5/31-6/29 \398,000
6/30-7/14 \418,000
7/15-28 \428,000
7/29-8/4 \448,000
8/5-8 \528,000
8/9 \528,000
8/10-11 \528,000
8/12 \528,000
8/13 \478,000
8/14 \458,000
8/15-31 \428,000
9/1-15 \418,000
9/16-17 \468,000
9/18 \468,000
9/19-30 \418,000
10/1-31 \413,000
一人参加追加代金 (5/31-6/29) ¥158,000
(6/30-10/31) ¥178,000
一人部屋追加代金 (5/31-6/29) ¥68,000
(6/30-10/31) ¥88,000
★燃油サーチャージ
(4/08現在)
¥0

■ 備考

  • 添乗員:同行しませんが、現地係員がお世話します。
  • 最少催行人員:2名
  • 食事:朝食6回、昼食6回、夕食6回
  • 利用予定航空会社:カタール航空
  • 利用予定ホテル:
    <ナイバシャ>
    ナイバシャソパ、ナイバシャシンバ、レイクナイバシャサウェラ(デラックス)
    <カカメガ>
    ロンドーリトリートセンター指定(Rondo Retreat Centre
    <ケリチョー>
    ティホテルケリチョー
    <マサイマラ>
    マラシンバ
  • 延泊は可能です。延泊代金はお問合せください。
  • ケニアは入国に際して査証が必要です。査証取得に関する詳細はお問合せください。
  • サファリカーは専用車で、ドライバーとは別に全行程「日本語ガイド」がご一緒します。
  • 4日目:キセレ森林保護区では、発見率の高い早朝にデ・ブラザ・モンキーを探しますが、見られない場合もあります。
  • 乗り継ぎ地での搭乗手続きは、お客様自身で行っていただきます。
  • フライトの時刻や所要時間などは予告なしに変更となる場合がありますので予めご了承ください。
  • 空港税、現地ガイドへのチップ等は旅行代金に含まれておりません。詳しくは弊社担当者よりご説明します。
  • ガイドへのチップについて
    プライベートサファリ(専用車利用)については、ガイドならびにドライバーに対して「1日あたり20米ドル」を目安に最終日にまとめて手渡しでご用意お願いします。
  • カタール航空(QR)ご利用の場合>
    減延泊して日本到着が下記の場合は以下の追加代金が別途かかります。
    5/6、9/24・25の場合:¥10,000
    5/7、8/20・21の場合:¥20,000
    5/8、8/13・14・15・16の場合:¥30,000
  • 《黄熱病予防接種について》
    本コースは、通関上「黄熱病予防接種」は義務付けられておりませんが、
    訪問地が予防接種推奨地域に指定されています。
    (2014年8月現在)
    ◎詳しくは厚生労働省検疫所ホームページをご参照下さい。(こちらをクリック)

トップへ戻る